セブンウォーター アキュエラ 比較

セブンウォーター VS アキュエラ水素水7.0ppm

 

市販水素水の中で、溶存水素濃度が一番濃いのは、

 

7.0ppm!

 

通常気圧常温にて、水素の飽和値は約1.6ppmですから、5倍近い濃度になりますね。

 

現在、「セブンウォーター」と「アキュエラ」の2種類の商品が市販されており、通販で購入が可能です。

 

このセブンウォーターとアキュエラの2つの商品について比較してみました。

 

両者の購入判断材料にお役立て下さい。セブンウォーターもアキュエラも購入してご自身で比較されるのも良いかと思います。

 

濃度は、どちらも同じ最高で7.0ppmなので、最高峰の水素水です。

 

水素水自体は、セブンウォーターもアキュエラも同じレベルで高濃度ですからご安心ください。

 

表1.高濃度水素水の比較

商品名 セブンウォーター アキュエラ水素水7.0
溶存水素濃度 7.0ppm 7.0ppm
容量 500ml 500ml
生成時間

12時間(5.0ppm)
24時間(7.0ppm)

10分(5.0ppm)
24時間(7.0ppm)

作り方

水素発生剤を入れるだけ
(簡単)

水素発生剤を中容器に入れて生成する

(少し手間)

水以外の使用

一部可能
対応可能な飲み物はこちら

一部可能(若干多め)
対応可能な飲み物はこちら

溶存水素濃度判定試薬 1,500円相当の判定試薬つき 1,500円相当の判定試薬つき
価格

6,048円(税込) 初回
5,832円(税込) 2回目以降

6,800円(税込) 初回
6,900円(税込) 2回目以降

公式サイト セブンウォーター アキュエラ

 

出来上がる水素水は、どちらも同じ溶存水素濃度7.0ppmの高濃度水素水です。

 

大きな違いは、水素を溶け込ませる飲料の種類と生成時間ですが、水しか使わなくて7.0ppmとして飲むなら、後は価格だけの問題ですね。

 

価格で勝負する場合は「セブンウォーター」ですね。

 

また、両者では使用可能な飲料にも違いがあります。以下の表をご覧ください。

 

表2.使用可能な飲み物

商品名 セブンウォーター アキュエラ水素水7.0
常温の飲み物

可能

可能

冷水

不可能

可能

PH5以下の酸性飲料

不可能

可能

40℃以上の飲み物

不可能

不可能

炭酸飲料

不可能

不可能

公式サイト セブンウォーター アキュエラ

 

扱える飲料の多さは、「アキュエラ」が上回ります。

 

いろんな飲み物で試してみたい方は、アキュエラが良いでしょう。

 

ちなみ私は、自宅の浄水器だけでしか使っていませんので、使用可能な飲料については特に重視しませんでした。

 

セブンウォーター公式サイト